AGAを治す方法はただひとつ! 

ボトルから錠剤がこぼれている様子

薄毛で悩む90%がAGAだといわれていますが、「治療の仕方が分からない」という人も多いはず。 

「どんな治療法が有効なのか」疑問に思いますよね? 

治す方法はだたひとつ、投薬治療のみです。 

AGAに悩んでいる男性のために、治療法についてご紹介します。 

 

 

  • AGA治療は今すぐ始めるべき! 

AGAの治療で大切なのは、早期発見・早期治療! 

がんや肺炎などほかの病気でも早めの治療で完治できるスピードが変わりますよね? 

薄毛の怖いところは、最初からごっそり髪の毛が抜けるのではなく、徐々に抜け毛が増えていくこと。 

自然に回復することはなく、気づかれずに進行してしまいます。 

「もしかして」と感じ始めても自分では認めたくないと、放っておくという男性もしばしば… 

「あれ?」と思った頃には、頭皮が見えるなんてこともあるんです。  

 

AGAを治す方法は投薬治療だけ! 

手遅れになる前に、早めの治療を心がけてください。 

 

  • そもそもどうしてハゲるのか? 

AGAは悪玉男性ホルモンジヒドロテストステロン通称「DHT」が原因で、抜け毛が増える症状のこと。 

「DHT」は、誰しもが持っている男性ホルモン「テストステロン」と酵素の「5αリダクターゼ」が結びつき誕生します。 

誕生した「DHT」は髪の毛が抜けるよう信号をだし、抜け毛の増加を促すんです。 

これが原因で薄毛になっています。 

 

投薬治療では「DHT」の生産を阻害したり、健康で太い髪の毛が育つ環境を整えたりすることができ、抜け毛にストップをかけられます。 

もちろん進行が進めば進むほど、治療にも時間がかかるので、すぐに行動を起こしてください。 

 

「お薬は副作用が心配」と迷っている間にも、薄毛は進行していきます。 

「まだ大丈夫」ではなく、「早く始めないと手遅れになる」へ認識を変えてください。 

早い治療が完治のカギなんです。